ミッションエージェント

素行・浮気・盗聴調査のミッションエージェント

東京都公安委員会 第30130163号
電話番号 お問い合わせフォーム
  • 標準
  • 大
  • フリーダイアル0120-0783-49
  • お問い合わせフォーム
  • 調査サービス一覧
  • 日本全国充実サポート
  • 各種カード決済可能
  • 携帯サイト

探偵top > ストーカー調査

ストーカー調査トップ画像

ストーカー調査の必要性

necessity
挿絵1

最近では、ストーカーによる重大事件が多発しております。
ストーカー規制法が施行されても被害内容はより深刻になっていると考えられます。ストーカー規制法によって抑制できるストーカー犯罪は限られた件数しかなく、やはり自分の身は自分で守るしかない現状と言えるのです。
ストーカーの被害は、ご本人だけに留まらず、ご家族や職場にまで影響を及ぼすケースもございます。ストーカー自身の理性が無くなり始めると善悪の判断がつかなくなり、一方的な好意を成就させるべく悪質になり凶悪化してくるのです。最悪な例を挙げれば、傷害事件や殺人事件に発展してしまう事もあるのです。ストーカー被害からこのような事件に巻き込まれない為にも早期解決が絶対条件になるのです。
怖いからと言って目を背けても不安や悩みから解放されることはありません。
一日も早くストーカー調査を実施して、安心して充実した生活を取り戻して下さい。

フレーム下部

ストーカー調査を必要とする理由

reason
  • しつこく付きまとう元恋人に迷惑しているのでストーカー調査したい。
  • 離婚した元配偶者に監視されて困っているのでストーカー調査したい。
  • 尾行されている気がするからストーカー調査したい。
  • 出したゴミが荒らされているからストーカー調査したい。
  • 無言電話が頻繁に掛かってくるのでストーカー調査をしたい。
  • 郵便物が無くなっているのでストーカーの仕業と思うから調査したい。
  • 家の周囲に中傷をする張り紙などが張られるのでストーカーの調査をしたい。
  • 自転車、バイク、車にイタズラされて困るのでストーカー調査したい。
  • 洗濯物の下着を干していると無くなるのでストーカー調査したい。
挿絵2

等がストーカー調査のご相談内容で多く見受けられる案件となります。
共通して言えることは、ご自身に対してストーカー行為を行なう人物の調査を行ない、事実関係を証拠として押さえ、ストーカー行為を止めさせたいという願いです。
ストーカーが元恋人や元配偶者、交際を迫ってくる顔見知りという場合もあれば、全く検討も付かない相手の場合もあるのです。姿を見せないストーカーも一方的に好意を寄せている面識の無い人の場合もあれば、実は身近な人だったりする場合もあるのです。
揉め事や警察沙汰などの大事にしたくないという思いから、一人で我慢して放っておく事によって、ストーカー行為がエスカレートし、身の危険を感じるようになってしまうケースもございます。まずは、ストーカー調査によりストーカー行為をしている人物とその相手の行動や状況を証拠として押さえ、更には住居所在地を把握し、その上で相手の心境を知り、解決する必要がございます。
ミッションエージェント探偵事務所では、一日でも早くストーカー被害の悩みを解決できるように迅速なストーカー調査の対応を心掛けております。

フレーム下部

ストーカー調査に必要となる事前情報

data
  • ストーカー行為の被害状況(時間・曜日・回数・内容・頻度)
  • 氏名
  • 年齢
  • 性別
  • 自宅住所
  • 写真(身長・体型・髪型)
  • 家族構成
  • 交通手段(通勤ルート・最寄り駅)
  • 勤務先・アルバイト先・パート先・学校
  • 勤務体系(出勤・退社の時間)
  • 持ち物、服装(カバン・眼鏡・帽子)
  • 趣味
  • 所有車両の車種・色・ナンバー(自動車・バイク・自転車)
  • 所有車両の駐車位置
  • 行動パターン・行動範囲(よく行く地域・場所・お店)
  • 仕事内容
  • 交友関係

※ ストーカー行為を行なっている人が身近な人物であれば情報量は多いと思います。
しかし、全く不明な場合など上記全ての情報が揃っていなくてもストーカー調査に支障ございませんので、お気軽にご相談下さい。

フレーム下部

低コストでのストーカー調査

low cost
挿絵3

上記したような事前情報が多くございますと、ストーカー調査がスムーズに運び、低コストに繋がります。
ストーカー調査を低コストに抑える為には、依頼者様と探偵社でよく打ち合わせして話し合うことが必要です。事前にターゲットが怪しい行動を起こしそうな情報があれば、その怪しい日にストーカー調査を実施することで無駄な調査を省いて調査料金を抑えることが可能になります。
例えば、週末にストーカー行為を受けていれば週末の退社時間からストーカー調査すれば良いと思います。ストーカー被害が休日なら、休日の朝からストーカー調査を実施すれば良いのです。
このように無意味な調査を省くことでストーカー調査に掛かる費用を削減出来るのです。但し、ターゲットの予定を依頼者様ご自身で無理に探ろうとする事は危険ですのでお辞め下さい。警戒されて本来の行動を取らなくなるだけでなく、ストーカー行為の事実も押さえることが出来なくなってしまうからです。

フレーム下部

ストーカー調査料金プラン

plan
通常プラン
基本調査体制 調査員2名 車両1台
基本料金 3時間 3万円(消費税別途)
延長費用 1時間 1万円(消費税別途)
  • (例)時間制プランで5時間のストーカー調査を実施した場合、税込54,000円となります。
  • 短時間や1日内のストーカー調査で充分と判断できる場合に最適なストーカー調査料金プランです。
  • お申し込みは3時間からになります。
3日間プラン
調査時間 1日につき10時間以内のストーカー調査を3日間実施
基本調査体制 調査員2名 車両1台
基本料金 3日間 30時間まで 25万円(消費税別途)
  • 曜日や日にちのご指定も可能となります。(例:金・土・日曜日と3日間、毎週金曜日3週3日間など)
  • 決められた期間内におけるストーカー調査に最適な料金プランです。
5日間プラン
調査時間 1日につき10時間以内のストーカー調査を5日間実施
基本調査体制 調査員2名 車両1台
基本料金 5日間 50時間まで 40万円(消費税別途)
  • 曜日や日にちのご指定も可能となります。(ご希望の調査日をお選び頂けます)
  • 決められた期間内におけるストーカー調査に最適な料金プランです。
  • ストーカー調査現場からリアルタイムでご報告することも可能です。また、ストーカー調査終了後には報告書を作成致します。
  • ストーカー調査の日数が長期間になると予測される場合には、割引可能となりますので予めご相談下さい。
  • ストーカー調査を実施する時間帯は昼夜を問わず同一料金となっております。
  • 依頼者様がストーカー調査現場に立ち会うことも可能ですのでその際にはお申し付け下さい。
  • 基本料金には交通費・ガソリン代・車両代・機材代・報告書代等の諸経費は含まれています。
  • 案件が遠方の場合は、別途経費(宿泊費・交通費等)のご負担をお願いする場合がございます。
  • ストーカー調査中における交通機関のご利用費(飛行機・新幹線・タクシー)は別途ご請求となります。
  • 日本全国24時間調査可能となります。
  • 契約頂きましたら、迅速にストーカー調査に着手致します。ご指定日の対応も可能です。
  • ご契約時に取決められた費用以外の料金を請求することは一切ございません。
フレーム下部

ストーカー調査の手順(ご相談~解決まで)

process
  1. お客様から「ストーカー調査」のご相談(メール・電話)を受けます。
  2. 相談員とのご面談を実施し、ストーカー調査の必要性を考えます。
  3. ストーカー調査の必要性がある場合、調査方法・調査料金のご説明をさせて頂きます。
  4. ストーカー調査ご依頼に関する重要事項説明にご納得頂頂いた上でご契約書を作成致します。
  5. ストーカー調査開始日、開始時間を取り決めます。
  6. ストーカー調査に着手します。
    下見調査・対象者の確認調査・張り込み調査・追尾追跡調査・事実証拠撮影・相手特定調査、調査現場から依頼者様へ担当調査員による随時のご報告を行ないます。
  7. ストーカー調査を終了します。
  8. 報告書を作成し、確認して頂きます。
  9. 調査結果に基づいて今後の方向性を話し合い、ストーカー調査続行の有無、慰謝料請求や告知による内容証明などの各種手続き、弁護士のご紹介など必要性に応じて的確にアドバイス致します。
  10. ご相談時の不安・心配・悩みが解決する最後まで全面的にフォローさせて頂きます。
挿絵4

※以下に記載されている法律に触れる内容に関しましては、当社では行なっておりません。

  • 「職場を辞めさせる」「えん罪を誘発する」など、人に社会的不利益を与える業務
  • 盗聴、盗撮、ストーキング、名誉毀損となる業務
  • 通信の秘密を暴く業務(携帯電話のパスワード解析などを含む)
  • 許可なく盗聴器、位置情報発信器などを取り付ける業務(GPSによる調査を含む)
  • 犯罪行為を助長、幇助する業務
  • 適法な方法で取得できると考えられない情報の調査
フレーム下部
お問い合わせフォーム