ミッションエージェント

素行・浮気・盗聴調査のミッションエージェント

探偵業届出登録番号30150197
電話番号 お問い合わせフォーム
  • 標準
  • 大
  • フリーダイアル0120-0783-49
  • お問い合わせフォーム
  • 調査サービス一覧
  • 日本全国充実サポート
  • 各種カード決済可能
  • 携帯サイト

探偵top > 浮気調査 > 浮気の証拠を掴みたい

浮気の証拠を掴みたいトップ画像

浮気の証拠を掴みたい

evidence

あなたの配偶者が浮気しているかも知れないと不審に思われるのであれば、早めに浮気の証拠を押さえられる事をお勧め致します。浮気をしているかも知れないと疑惑の段階で配偶者を問い詰めても、浮気の証拠が何もなければ言い訳や証拠隠滅、警戒心を上げてしまう結果になってしまいます。浮気の証拠を確実に押さえてから交渉や話し合い、問い詰める事をしませんと、警戒心が上がり浮気の証拠を押さえる事が困難になってしまうのです。
配偶者の不貞行為を離婚理由とする場合や、浮気相手に対して慰謝料請求する場合には、不貞行為があった事を立証できるだけの証拠が絶対に必要になります。
不貞行為を理由に離婚請求する場合には、請求する側が、配偶者と浮気相手との「性的関係を確認、又は推認できる証拠」として浮気の証拠を証明しなければなりません。その為に浮気の疑惑の段階から証拠収集を始め、浮気の決定的な証拠を押さえなければならないのです。

挿絵1
フレーム下部

浮気の証拠は絶対に不可欠

indispensable

浮気の事実を証明する証拠が不十分な場合、思い込みによる憶測や推測と捉えられて、離婚請求を棄却され、離婚が認められない場合もあります。
また、離婚請求をする場合には、配偶者の浮気が婚姻関係を継続しがたい重大な理由であり、夫婦関係が破綻する事になった原因であるという因果関係も浮気証拠から証明する必要があります。離婚する際には、慰謝料や養育費、財産分与や親権などの様々な条件や取り決めしなければなりません。離婚を有利に進める為には、浮気の証拠は絶対に必要になるのです。
浮気の事実があっても証明できる浮気の証拠がなければ、意味を成さないのです。

フレーム下部

離婚裁判に必要となる浮気の証拠

divorce trial
挿絵2

離婚裁判を行うにあたって、確実に勝てるような浮気の証拠を確保して、相手が言い逃れ出来ない、反論する事も出来ない状況をつくって臨まなければなりません。裁判で不貞行為を認められるか否かは、お持ちになっている浮気の証拠によって左右されます。
確実な浮気の証拠があれば、本人や浮気相手が否定しても裁判に勝つ事が出来るだけでなく、慰謝料請求が出来るだけの確実な根拠になると言えるでしょう。
その為にも、どのような浮気証拠が確実なものなのか認識しておく必要があるのです。

写真・ビデオの浮気の証拠
同一人物と継続性をもって複数回の性的関係を推認できるだけの証拠があれば、不貞行為を立証する事ができる浮気の証拠となります。浮気の証拠を立証する為に、一番有効となるのが写真やビデオなどの「映像」です。しかし対象者である二人がラブホテルに出入りする様子を収めた写真やビデオによる映像であれば効果的ですが、ラブホテル敷地内に駐車中の車だけを撮影した写真や、愛人と二人で旅行している映像、愛人の部屋へ出入りしている映像だけでは、肉体関係があることを立証するための浮気証拠としては不十分となるケースもございます。
メール・手紙の浮気の証拠
手紙などで二人が肉体関係にあった事実を認めている場合などは、不貞行為を立証する事ができる浮気の証拠となります。勿論ですが、差出人や宛名が無い場合には、証拠能力が低くなります。不貞行為を認める手紙やメモ・日記や浮気相手からの手紙などがありましたらコピーでも良いので取っておきましょう。携帯メールやPCメールなどの内容は、二人の関係性の状況証拠とはなり得ますが、不貞行為として浮気の証拠とするには不十分です。しかし、メールの内容から不貞行為の事実を相手が認めるような場合なら浮気証拠として効力を持ちます。調停や裁判ではメールの内容をプリントアウトして浮気証拠として提出します。
録音テープ・音声の浮気の証拠
浮気を問いただした時の話し合いの会話や浮気相手との会話を録音したテープレコーダーの音声は浮気の証拠となります。音声の質にもよりますが映像の証拠と比べますと浮気の証拠としては低い評価になるケースが多いです。また、人権侵害に繋がるような違法な盗聴などによる録音方法は浮気の証拠として認められない判断されるだけでなく、その違法性から心証を害して不利になる事がございます。調停や裁判では録音テープの音声を再生したりすることはないので、テープ内の音声を文章に起こして浮気証拠として提出します。
フレーム下部

浮気の証拠の活用

practical use
挿絵2

浮気の証拠を押さえることが出来ずに不貞行為と認められなかった場合、慰謝料の請求や財産分与の金額が減額されたり、取れなかったりと納得出来る結果ではなくなります。裁判離婚だけではなく、協議離婚の場面でも「不貞行為にあたる浮気の証拠」があれば、慰謝料や養育費・財産分与の支払いなど、離婚に伴う諸条件の話し合いや交渉を有利に進めることが可能となります。
相手方が離婚に合意しても、慰謝料などの諸条件の面で協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に調停の申し立てをすることができます。調停では「浮気の証拠」があることを前提として話し合いを進められますので、有利な状況下での話し合いが可能となります。
調停でも相手の合意を得られない場合は裁判となりますが、離婚の原因が配偶者の「不貞行為」である事を浮気の証拠で立証できれば、配偶者や浮気相手に慰謝料の請求が可能となります。
また、自分は夫婦生活の継続を希望しているが、配偶者から離婚を迫られている場合でも、調停・裁判で配偶者の「浮気の証拠」を提示する事によって、配偶者が有責配偶者である事が立証され離婚請求を阻止することも可能となります。離婚を有利に進めるための浮気の証拠収集や、浮気相手への慰謝料請求の為に相手の現住所等・連絡先などの調査は不可欠です。弁護士では不貞行為の証拠収集までは行なっていません。
ミッションエージェント探偵事務所では裁判に必要な「浮気の証拠」を確実に押さえます。
浮気の証拠は、自分の今後の人生に方向性を決める大切なものになるのです。

フレーム下部
お問い合わせフォーム